ぴったりな中学受験専門塾を探すなら

中学受験専門の塾選び・模試検索のWILLナビ塾

2021年度中学入試 合格者・塾の先生インタビュー “こだわりの塾”から難関中に合格! 「塾選びのポイント」③

2021.03.30 中学受験特集

🌸合格者インタビュー🌸

 

Y・Hさん 女子学院中学校 合格

 

自分がやるべきことを意識することでモチベーションを継続できました

 

合格までの軌跡

 「自由で楽しそう」。小2の3月、明倫館の体験授業に参加した時の印象です。少人数授業で質問もしやすく、休み時間も学校での出来事や友だちのことなど、先生がこちらの話をよく聞いてくださったので、4年間楽しく通うことができました。また志望校が4年の頃から決まっていたので、早くから志望校に合わせた対策ができたのもよかったと思います。6年では『合格ノート』で、「自分が今、何をやらなければならないか」を意識しながら勉強。返ってくる先生のコメントに励まされ、集中できる塾の自習スペースも利用しながら、モチベーションを維持しつつ受験勉強に取り組むことができました。受験当日、Suicaを落として少し慌てましたが、むしろこのハプニングで肝が据わり、全力を出せたように思います。「受験を楽しむこと」を教えてくれた塾の先生に感謝しています。

 

■後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

 勉強はやればやっただけ力になります。受験直前、不安を感じることもあると思いますが、最後まで自然体で受験と向き合ってください。自分の力を出し切れば、きっといい結果につながるはず。応援しています。

 


 

中学受験 明倫館 塾長 千住 貴紀 先生

 

学力とともに自己肯定感を上げ、中学受験を楽しむ心を育てたい

 

 畑さんは入塾当時から利発なお子さんでした。ですから塾の方針でもある「勉強は楽しい」ことが実感できるよう、また勉強以外でも、塾が何でも相談できる場になるよう、密にコミュニケーションを取りながら指導しました。ただ、6年の判定テストでは、算数の点数が思うように伸びなかったのです。原因は単純な計算ミスだったり、問題文をきちんと読んでいなかったりといった注意力不足でした。そこで過去問などの対策を行う一方、「ミスは悪いことじゃないよ」と声をかけました。12月頃のことですが、納得した様子に合格を確信したのを覚えています。

 学力は学習量に比例しますが、成績に結びつかないと不安を感じ、やる気をなくすものです。明倫館では子どもの自己肯定感を上げ、中学受験を楽しむ心を大切にしています。生徒には受験で培った力を礎に、これからの日々を楽しんでほしいですね。

 


 

■取材協力:中学受験 明倫館

 

朝日小学生新聞2021年3月18日掲載

新着記事をもっと見る 新着記事をもっと見る
back to top