ぴったりな中学受験専門塾を探すなら

中学受験専門の塾選び・模試検索のWILLナビ塾

森上先生が語る!2022年度入試に向けての準備

2021.03.25 入試関連情報

「多様な学び」に楽しく取り組める環境を

 

 2021年1月、これまでの大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト」が実施されました。その出題傾向は、ここ数年の私立中学入試と一致しており、大学入試改革が大きく影響していることがわかります。各科目で設問の文章が長くなり、解答を導くには読解力が求められます。また、知識を土台としながら提示されたデータに基づいてその場で考えさせるなど、「思考力・判断力・表現力」を問う教科横断型の問題へと傾向が変化しています。今後は、このような新しい出題スタイルに対応した「良質な問題」を使って、思考力・判断力・表現力を伸ばすトレーニングを重ねる必要があるでしょう。それと同時に、「読み・書き・そろばん」に象徴される基礎学力を高める学びも欠かせません。抽象的な思考ができるようになる10歳ごろから塾通いを開始し、読解力・語彙力・計算力を身につけていくのが理想的です。

 これからの塾選びでは、このような幅広い学力を伸ばすための「手厚く、柔軟な指導体制がとられているかどうか」がポイントとなるでしょう。特に最近人気を集めているのが、少人数のグループ指導です。親密な関係を築きやすい中小塾には、気軽に質問し、短時間で疑問を解決できるという利点があります。まずは子どもの性格や家庭の方針に沿って塾を選択し、もし合わなければ違う塾に移ることも可能です。中学入試は過渡期を迎えており、必要とされる力や学習内容も多岐に渡ります。しかし、あまり負担をかけすぎず、親子で楽しみながら多様な学びに取り組める環境を整えるところから受験生活をスタートさせると良いでしょう。

森上教育研究所 代表 森上 展安氏

 

■朝日小学生新聞 2021年3月18日掲載

新着記事をもっと見る 新着記事をもっと見る
back to top