ぴったりな中学受験専門塾を探すなら

中学受験専門の塾選び・模試検索のWILLナビ塾

【中学受験】志望校に合格する子の緊張解消法

2021.12.28 中学受験特集

「入試の時、緊張したらどうしよう」

「試験で緊張し過ぎて頭が真っ白になったら」

 

お子様にとって大切な中学受験。

試験日が近づいてくる中、

不安や心配を感じる人も多いと思います。

 

この記事では、そんな不安や心配をなくし、

中学受験で志望校に合格するための緊張解消法について

解説します。

 

 

1 『鬼滅の刃』でも?!力を出すために大切な呼吸の仕方

2 不合格になる原因の1つ「緊張して実力を出せなかった」

3 合格する子の緊張解消法!副交感神経の働きを高める深呼吸

4 『受験のお守り』は呼吸の仕方

 

 

1『鬼滅の刃』でも?!力を出すために大切な呼吸の仕方

 

 

「呼吸」という言葉を聞く機会が増えた背景に、

アニメ『鬼滅の刃』の爆発的ヒットがあると思います。

 

「○○の呼吸、壱ノ型」などの決め台詞は、

リズムが良く、耳に残りますよね。

 

主人公である少年は、

鬼を倒すことを目的とした組織に所属することになり、

仲間とともに苦労の中、訓練を重ねていきます。

 

そして、

鬼を倒すための力を発揮するため「呼吸の仕方」を身につけ、

身体能力を向上させ、大技を繰り出すことができるようになり、

鬼を倒すという目的を果たしていきます。

 

登場人物の苦悩や葛藤、失敗や成功、

そして成長していく姿に、自分を重ね、

心を動かされた人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

作中で、呼吸の仕方の大切さについて描かれておりますが、

実は、中学受験においても、呼吸の仕方は、とても大切です。

 

 

2 不合格になる原因の1つ「緊張して実力を出せなかった」

 

 

これまで頑張って取り組み、身につけたことを十分に発揮し、

志望する中学校に合格したい

これは、どのお子様も、保護者様も、

全員が思うことだと思います。

 

入試まで残りわずか。

本当に合格できるのか

心配な気持ちが強くなるのは自然なことです。

 

保護者様もご心配だと思いますが、間違いなく、

一番心配で不安なのは、お子様本人です。

 

表情や口に出さないタイプのお子様でも、

心の中で不安が強くなっていくこともあります。

 

もし、試験当日、緊張してしまったら、どうしますか

 

心が落ち着かず、焦りが増し、これまで解けていた問題でも、

解き方が分からなくなり、思い出せない、

頭が真っ白になるという状態になってしまったら…。

 

 

「うちの子は大丈夫」「そんなことはない」

と思いたくなる気持ちもわかりますが、

実際にこういうケースはよくある話です。

 

不合格になる原因のひとつとして、

試験当日、緊張してしまい、

思うように実力を発揮できなかった

というものが挙げられます。

 

 

3 合格する子の緊張解消法!副交感神経の働きを高める深呼吸

 

 

ここで言う「実力を発揮する」とは、一体何でしょうか。

それは、

「いつもと変わらず、問題を解く」という状態を表します。

 

つまり、緊張が襲ってきたとしても、

「いつもと変わらない状態になる方法」、

「いつもと変わらない状態に近づく方法」を知り、

それを実践できるかどうかで、対処が可能となります。

 

そもそも、緊張している状態とはなんでしょうか。

 

緊張している状態とは、

呼吸が浅くなり、交感神経の働きが高まっている状態

を言います。

 

逆に、

緊張していない状態は、

深く息を吐けていて、副交感神経の働きが高まる状態

を言います。

 

よって、

副交感神経の働きが高まっている状態、

緊張していない状態を意識的につくることが大切です。

 

では、その方法をご紹介していきます。

 

【1】目を閉じて楽な姿勢になり、背筋を伸ばす

【2】口からゆっくり息を吐く 

 ※先に「吐く」方からはじめてみてください

【3】鼻からゆっくり息を吸う

【4】上記の【2】と【3】を数回繰り返す

 

これにより、副交感神経の働きが高まり、

交感神経とのバランスがとれるようになり、

緊張状態が緩和されていきます。

 

 

4『受験のお守り』は呼吸の仕方

 

 

いかがでしたか。

他にも緊張状態を緩和させる方法は、色々あると思います。

 

ここで挙げた大切なことは、

いつでもできる、

誰でもできる、

他の受験生の迷惑にならない、

という部分です。

 

これまで勉強を頑張ってきたお子様に、

承認型のコミュニケーションを取りつつ、

このような話を保護者様から明るくし、

お子様と一緒になって、

呼吸の練習をしてみるといいかもしれません。

 

お子様にとって、試験会場に持ち込める

呼吸の仕方という『受験のお守り』

プレゼントしましょう。

 

きっと、お子様がピンチの時に、助けてくれると思います。

 

--------------------------------

千葉 恭太 (ちば きょうた)

WILLナビ塾 編集担当

全国展開の個別指導学習塾で教室長として10年以上勤務

教育業界最大手の企業でサービス開発やマーケティングを担当

中学受験から大学受験まで幅広い知識を持ち、学習塾や予備校についても精通している

 

□□□ オススメ記事 □□□

・【中学受験】言ってはいけないNGフレーズ

・【中学受験】時事問題対策オススメ問題集

新着記事をもっと見る 新着記事をもっと見る
back to top